プロも使う角質ケア・ツール

ネイルサロンでかかとの角質ケアによく使われているのが、ピーシャインビューティフットです。角質は削ると厚くなるものです。そのため継続して使い続けてケアする必要があります。しかし同じ削るにもやはり、より実績のあるツールを使うことが重要でしょう。
このビューティフットは使い方も簡単です。入浴の際に、お湯をかけながら気になる角質を擦りながら滑らかにすることができます。入浴後はクリームなどを塗ってアフターケアをすれば万全でしょう。
また、乾燥した状態でもしようすることができます。この場合もクリームでアフターケアすることが重要です。また、ふやかさず使うほうがより効果がある場合もありますので、使い方もいろいろ試して見てもいいでしょう。
posted by 管理人 at 00:00 | かかとの角質ケア

かかとの角質ケアにはネイルサロン

かかとの角質に悩みはじめたときに、最初に同時に何処の誰に相談すればいいのか?といった素朴な疑問が浮かぶかもしれません。
もちろん病院で皮膚科にかかるのもいいかもしれません。しかし女性にとって実はもっと身近な施設で相談することができます。それがネイルサロンです。現在、多くのネイルサロンでは、ネイルだけでなく足(特に足の裏)に関わるトラブルへの相談に応じてくれるところが増えています。まずは行きつけのネイルサロンで相談をして見ましょう。多くの人が同じ角質の悩みを寄せていることがわかるはずです。
なかにはコースの中に角質ケアを取り入れている場合もあります。ケアの仕方や方法を教えてもらい、自宅でも自分でケアができるようにその方法や自分に適したツールなども教えてもらうのもいいでしょう。ネイルサロンはいまやフットケアの相談窓口としての機能も持ちつつあるといえるかもしれません。
ただ、一方で男性の場合は、ネイルサロンよりも皮膚科の方が間口が低いという人も多いかもしれませんね。
posted by 管理人 at 00:00 | かかとの角質ケア

新陳代謝が鈍ると角質化しやすくなる

年齢とともに新陳代謝が鈍ることによって、古い角質取れにくくなる傾向があります。古くなった角質をそのまま放置しておくと、自然と厚くなってきます。厚くなった角質は、硬くなり、更にそのまま放置しているとひび割れてきます。
個人差や仕事や生活などの環境にもよりますが、年齢とともにかかと(踵)の角質が厚くなるのは仕方ないことといえるでしょう。しかし厚く、そして硬くなった角質は白く濁り見栄えがいいものでは決してありませんね。
さらに角質化した皮膚は削ると更に厚くなる傾向があります。これは医学的にも実証されていることです。これは手足によくできるタコと同じ原理です。外傷を受けやすい部分の皮を厚くし、体を守ろうとする働きがあるためです。
特にかかとは、全体重を支え圧力を受けやすい箇所です。それを考慮しつつ、角質を取る工夫が必要だといえるでしょう。
posted by 管理人 at 02:20 | かかとの角質ケア
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。