かかと(踵)が角質化してひび割れする

こちらのサイトでは足の裏の密かな悩みのひとつである、かかと(踵)の角質へのケアの方法とひび割れさせない予防方法を中心にフットケアに関わる情報を掲載しています。

足の裏の悩みは、目につきにくい分、その対処や治療が後回しになりがちです。
それでも水虫魚の目など痛みや実害の多い症状なら、治療を試みるのも早くなりますが、かかと(踵)の角質やひび割れは、そのまま放置指定しまい、ケアが難しくなることも多いようです。 ただ、一方で気になり始めると、毎晩のようにお風呂やお風呂上りに足の裏を見てしまいますよね。実はここに足の裏の角質にかかわる大きな問題があるといってもいいかもしれません。なんとなく厚くなってしまった角質だけど、病院などに相談にいくほどではないし、削れば少しは見栄えがよくなるからという理由で、にわか療法でどんどん症状を悪化させてしまうという人が多いようです。確かに病院で治療してもらうほどではないかもしれませんが、間違った方法でのケアは決してか良いものではありません。
特に女性は、高いヒールやブーツ、パンプスなどをはいていると、かかと(踵)が角質化して硬くなってしまう人が多いのです。放っておくとひび割れて痛みを伴うことさえあります。軽石で擦ったり削ってみたり、角質ケア用のクリームを使っている人も多いのではないでしょうか。それで少し見た目や症状がよくなったりすると安心してしまうものです。
実は自己治療では悪化してしまったり、いずれ効果がなくなってしまったりする場合などもよくあることです。もし痛みを伴うのなら、専門にする病院に相談してみることもいいでしょう。
角質への理解と正しい対処方法を身につけて、かかとのひび割れの悩みに別れを告げましょう。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。